カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

基本を大事にすることが綺麗な肌を維持する最も近道な方法

スキンケアで大事なことは、特に基本を大事にするということです。基本とは洗顔です。特に面倒くさがりな人ほど洗顔料などをしっかり泡立てずにそのままこすりつけるかのように泡立たせる人がいます。

これは、はっきり言ってNGです。なぜかというと顔に洗顔剤が付着するからです。敏感肌の人はそれだけで肌が赤く」なったり大人ニキビの原因となります。
そして、お湯ではなくて水で洗い流します。お湯も顔にとって刺激が強いからです。最後は、顔に洗顔剤などが全く残らないように洗い流し出します。やはり顔に洗顔剤が残ると肌に良くないからです。

そして、洗顔料も成分が大事です。界面活性剤が入っている洗顔料は敏感肌にとって、肌の弱い人にとって刺激が強いです。合わない洗顔料は使わないことです。

出来たら、浄水された水で顔を洗うのが望ましいです。何故ならば、水には塩素が含まれるからです。この塩素も肌にとってはあまり良いとは言えません。
このように洗顔のやり方や、成分を見極めて使うことがスキンケアにとってとても大事で基本となる部分です。

スキンケアは方法を使い分けて

スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。スキンケアを完全に排除して肌天然の保湿力を持続させて行く考えです。でも、メイク後には、メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。肌断食を否定はしませんが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。その効果についてはどうでしょう。専用クリームなどを使ったハンドマッサージや高価な機器などを使用してしっとり・すべすべにしてくれます。肌の血行不良も改善されますから若さの秘訣・新陳代謝もよくなるでしょう。肌の状態が生き生きしてきたと感じています。

肌のケアをする方法は状態をみてさまざまな方法に切り替える必要があります。日々同じやり方で、お肌を思っていればそれで大丈夫というわけではありません。脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大切なことなのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアも方法を使い分けることもお肌のためなのです。