闇金に借金したせいで、闇金の受け子に転落

知り合いの隆(仮名)が闇金の受け子になったのは数年前のことだった。

もともとパチスロとキャバクラ遊びが大好きで、給料日前には決まって消費者金融からお金を借りていたが、A社から借りたお金をB社へ返済し、C社から借りてはD社へ払うという自転車操業を繰り返していた彼が、破綻するのは時間の問題だった。

結局は任意整理を選んだことから銀行はもちろん消費者金融からは融資を受けることができず、思い余って闇金に手を出してしまった。

闇金との付き合いが長くなればなるほど、お金を搾り取られ、もうこれ以上は払えない…というところまで追い詰められた隆に、闇金が言ってきたのは「受け子になれ」という指示だった。

それは、闇金からお金を借りた人が支払った口座からお金を下ろし、闇金が指定する口座へ移し変える作業を行う仕事だった。隆は毎日のように銀行のATMへ出向き、振り込まれたお金を指定口座へ移し続けたのだ。

そんな毎日が3ヵ月も続いた頃だった。いつものようにATMを操作しようとしていた隆を数人の男たちが取り囲んだ。
「事情を聞きたいので暑まで同行するように…」。なんと相手は警察だった…。

その後、隆と連絡を取った奴はいない。
http://yamikin21.com