パチンコ店員の友人から聞いた話

パチンコ店で勤めている友人から聞いた話ですが、パチンコ店に来るお客様には4パターンいると聞きました。

①1か月に1~2回ほどパチンコ店で遊ぶ新規客
②週1~2回来る常連
③ほぼ毎日来る仕事を引退された高年齢客
④仕事をしているが、ほぼ毎日くる20代~50代の超常連層
上記で上げた①~④のパターンのお客様で、借金をしている可能性がかなり高いのが④だと言っていました。

友人が言っていた言葉ですが、
「パチンコでたまたま勝てることはあるが長期的に勝ち続けるのは極めて困難、よって毎日のように来る超常連層は借金をしてまで来ている可能性が高い」と。

実際に友人は負けが込んでクレームを言ってくる常連を対応した際に「今年になり200万も負けだぞ、どうしてくれるんだ」。見る限り、生活に困っていそうもない40代男性からのクレームにびっくりしたと言っていました。

その方が言うには家族には借金をしている事、パチンコ店に毎日のように行って遊んでいることは話していないそうです。
その40代の常連はこう言ったそうです「パチンコは辞める、二度とこんな店に来るか」と…。しかし、翌週その40代の常連が店内で遊技しているのを見かけたそうです。
完全に、その人はパチンコ依存症になっているみたいです。
消費者金融の借金を時効で解決するには