月別アーカイブ: 2016年2月

旦那さんへの嫌悪感がすごい!

知り合いの奥さんから、以下のような相談を受けました。

長男は大学を卒業し、家を出てサラリーマンしてます。次男は成人していますが、まだ大学生です。夫は地方へ単身赴任中で、たまに帰ってきても会話もなく、「お前はつまらない女だ」とか「いつもまずい料理ばかりだな」とか言葉の暴力で私を苦しめます。夫婦としての関係は、夫が単身赴任する前から終わっています。

次男は来春卒業予定。夫の単身赴任もあと1~2年だと思います。夫の単身赴任が終わり、家へ帰ってきたらいっしょに暮らして行きたいとは思っていません。そのため、息子たちの知らないところで、夫と離婚の話をしてきました。世間体もあるのか、今のところ夫は離婚に応じてくれません。

私はとにかく一日も早く離婚したいのです。来月には、数ヶ月ぶりに夫が一時的に帰ってくる予定です。それまでに家を出たいと思っています。次男に相談しようと思いますが、私は悪い女でしょうか?

最初は、「せっかく夫婦になったんだし、次男さんが社会人になるまでは今のままの方がいいんじゃない!」と言いましたが、奥さんの旦那さんへの嫌悪感がここまで強かったら仕方ないと思いました。今は、彼女の離婚を応援してあげたいと思うようになりました。

まずは、浮気の有無を確かめること

パートナーの不倫に悩んでも、探偵事務所へ調査を頼むのは離婚の支度をするようでどうかと思ってしまいます。なるほど、もっともなご意見です。ただ、浮気調査の時点ではなにも難しく考える必要はないようにも思えます。

もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利なのは確かです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵事務所へ頼んでみることを推奨します。

探偵事務所を使って浮気調査をするなら、妥当な価格というものを知識として身に着けておきましょう。というのも、割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところも存在するからです。そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、諸経費やレンタル料などを請求したり、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。

パートナーの行動追跡調査で探偵社を利用すると、相手が気付くのではないかと不安になるかもしれませんが、探偵はそれを仕事にしているのですから、バレるようなことはほとんどないと思っていいでしょう。

清原に続いて音楽界の大物も逮捕か?

番長こと元プロ野球選手・清原和博容疑者逮捕の衝撃は、これから拡大の一途をたどりそうだいううわさが流れています。

というのも、今回の清原容疑者逮捕に関連して捜査当局は暴力団事務所のガサ入れを行い、多くの資料を押収したそうです。そこには清原容疑者だけではなく、複数の超大物芸能人の名前が出ており、これが芸能界を揺るがす大事件になるだろうと言われる所以です。

事情を知る人は「清原以外で名前が挙がっているのは2人の芸能人。押収されたクスリに関する資料の中に、2人の名前があった。どちらも水面下で薬物疑惑がささやかれてきた超大物。万が一、2人のうちのどちらかでも逮捕となったら、芸能界がひっくり返る。そんなビッグネームだ」と話しているそうです。

芸能界と薬物の関係は今に始まったことではありませんが、いったいどんな大物なのか捜査の進展を見てみたいものです。